メインイメージ
  • CD,DVDの購入はこちら!
  • ブログ
  • スタジオJasiaアクセスマップ
  • 復興支援活動

新着情報一覧

仙台アニメフェスティバル動画UP!
2017/11/22 Wed.
2017年8月5日(土)6日(日)、宮城県仙台市、仙台国際センターで東北では初めて仙台アニメフェス1stが開催されました。



Sendai Anime Festival 1st report movie
(仙台アニメフェス 第一弾)
https://youtu.be/XILbF59ue1Q




ORI☆姫隊は、8月5日「声優魂〜コンテスト〜東北決勝大会」のプレゼンターを務めました。

●声優魂公式サイト
http://safes.jp/seidama_youkou/


5日と翌日6日はアニメフェスのメインステージで、パフォーマンスを行ないました。
このイベントの為に、ORI☆姫隊オリジナル「JAPANESE ANIME SONG OMNIBUS」を準備しました。
ORI☆姫隊会場ブースでもたくさんのお客様に盛り上げて頂きました。



●仙台アニメフェス公式サイト
http://safes.jp/seidama_youkou/

日本各地のアニメファンのみなさま、海外のお客様が仙台国際センターにお集り頂き、ORI☆姫隊はブースでも大盛況でした。

こちらの模様がyoutubeにてアップされましたので、是非ご覧下さい。

Sendai Anime Festival 1st report movie
(仙台アニメフェス 第一弾)
https://youtu.be/XILbF59ue1Q




【解説】


このイベントは、2011年に甚大な被害を受けた被災地である宮城、福島、岩手をはじめとする東北の復興を応援するため、仙台アニメフェス実行員会によって主催され、仙台市や伊達市、社団法人や出展社など各所の協力を得て実現することが可能となりました。
イベントが開催されたこの日、仙台では毎年の風物詩である「せんだい七夕まつり」が開催されており、そこにも多くの来場者が訪れていました。
出展社は話題のゲームや新作アニメを手掛ける会社の他、東北を舞台にした作品やキャラクターなどの制作している会社や芸能事務所、イラストや声優の専門学校などもブースを出しており、東北の食品加工会社だけでなく、2014年に被災した熊本の食品加工会社なども来場者に向けて商品を紹介してくれました。
国内からの多くのファンが集まる中、外国人アニメファンも何人か来場しており、2人がインタビューに協力してくれました。
当日は出展ブースの他、フリーステージでのライブパフォーマンスや声優を目指す若者に向けた声の祭典、「声優魂東北大会」も同時開催されており、非常に盛り上がっていました。彼女たちは東北復興を盛り上げる目的で2011年に結成された「みちのく仙台ORI☆姫隊」というアイドルグループです。
彼女たちのフリーステージでのパフォーマンスをダイジェストでお送りします。最後に、主催者の仙台アニメフェス実行委員長である 株式会社 D-CLOUDのCEO小山芳宏氏のインタビューをお送りします。

小山代表のメッセージ----------------------------------------------------------------------------------------
今回、8月5日、6日で仙台で大型のアニメのイベントを開催しました。
2017年は日本のアニメーションが公開されて100周年で、それを記念して東北からも日本のアニメと文化を発信していきたいと思い、このイベントを企画しました。
イベントには沢山の来場者が来て頂きましたので、また来年もこのイベントをやりたいと思います。ご協力を宜しくお願い致します。

【英文】

This event was held to support the revitalization of Miyagi, Fukushima, and Iwate prefectures, as well as other areas severely damaged by the Great East Japan Earthquake of 2011. The event was made possible by the organization efforts of the Sendai Anime Fes Executive Committee as well as from cooperation between Sendai City, Date City in Fukushima, and various corporate judicial persons and corporations.
The event was held on the same day as the Sendai Tanabata Festival, an annual large-scale festival that embodies the season of summer and is well-known throughout Japan. The Sendai Anime Fes received a large number of visitors due to the popularity of Sendai’s Tanabata Festival.
At the event, festival goers could visit many booths that featured popular games and recent anime, in addition to booths provided by companies and entertainment agencies which had produced goods and characters whose designs were inspired by the Tohoku region. As well, there were booths for technical schools where you can study illustration and voice acting. Furthermore, visitors could buy packaged food and snacks from not only local Tohoku food processing companies but also companies that traveled to Sendai from Kumamoto, a prefecture in southern Japan that was hit by a devastating earthquake in 2014.
Among the large number of fans who gathered at the event there were also a number of foreigners in attendance. Two of helpful foreigners agreed to be interviewed.
In addition to the exhibition booths, there was also a free stage which featured various live performances and the “Tohoku Voice Actor’s Soul Competition” which was aimed at putting a spotlight on young people who aspire to become voice actors. The event was extremely exciting and entertaining.
These girls are members of “The Michinoku Sendai ORI ☆ Princess Corps”, an idol group that was founded in 2011 to aid in the revitalization of the Tohoku area after the Great East Japan Earthquake.
We will provide a video of their performance on the free stage later in the video.
Finally, we’d like to share with you a short interview with Yoshihiro Koyama, the head of the Sendai Anime Fes Executive Committee and the CEO of D-CLOUD Ltd., who sponsored the event.
On August 5th and 6th, here in Sendai, we are holding a large-scale anime event.
We planned this event with the intention of promoting Japanese anime and culture from the Tohoku region. 2017 marks 100 years since the debut of Japanese animation.
Thanks to the large number of visitors who came to this event, we are hoping to hold it again next year. Thank you for your cooperation.